媚薬にはこんなに種類がある

MENU
媚薬にはこんなに種類がある

性欲の増進や、快感を増す効果のある媚薬。その歴史は古く、日本では江戸時代から使われていたという記述が残っています。媚薬、と聞くと皆さんどんな薬を想像しますか?当然、薬なので、飲んだり、塗ったりするものというイメージですよね。実は、意外と知られていませんが、媚薬には嗅ぐタイプも存在するもです。今回は、媚薬の種類について解説します!

媚薬にはこんなに種類がある

〇塗るタイプ

塗るタイプの媚薬は、基本的に女性器、または男性器に直接塗布して使用します。全身に塗っても大丈夫な、安全なものが多いですが、中には刺激が強く、口に入れてはいけない種類もあるので、使用する際には、必ず使用上の注意をよく読みましょう。膣液が少ない女性や、普段のプレイではあまり感じない、というような方にお勧めです。今夜はちょっといつもと違うエッチがしたい…というようなカップルやご夫婦、塗るタイプの媚薬を使ってみるのもいいかもしれません。

媚薬にはこんなに種類がある

〇飲むタイプ

飲むタイプの媚薬は、大きく分けて3種類あります。水などに溶かして飲む液体タイプ、粉末タイプ、そして錠剤のタイプです。即効性が強いのが特徴で、飲んでから、30分~1時間ほどで効果が出ます。中には、味の強いものもありますので、コーヒーなどに混ぜて飲むと、飲みやすくなりますよ。また、即効性は低いのですが、服用し続けることによって効果が出てくるものもあるようです。気になる人がいるけど、なかなか手を出してこない…そんな彼の飲み物に、こっそり媚薬を混ぜる、そんなのもありかもしれまん。

媚薬にはこんなに種類がある

〇嗅ぐタイプ

媚薬には、香水のように使用する種類もあります。上記の2タイプと違い、効果が長持ちしますが、比べて効果が弱いのが特徴になります。無臭で、普段使用する香水と混ぜて使用できるものもあるんですよ。また、このタイプの媚薬は、性的な関係を向上させる目的以外でも、対人関係を向上させる効果があるので、普段使いにもおすすめです。
思うように彼女との距離が縮まらない…そんな方は、デートに香水タイプの媚薬をつけていってはどうでしょうか?

男性用の媚薬

媚薬というと元来男性が欲する女性に対して用意するもののようなイメージがありますが、実はこの逆もしかりで、女性が男性に向けて用意するものでもあります。

気になる男性に振り向いてほしいためにドリンクに混ぜたり、食べさせたり、嗅がせたりと様々な形で誘惑するのです。 中でも強力な男性用媚薬として有名なのがNYCではないでしょうか。いわゆる飴玉なのですが、みるみるうちに男性器が元気全開になるという噂が巷で聞こえてきます。

引用:強力な男性用媚薬とは、何でしょうか?それはあなたの男としての品格を高めるアイテムです。

Top