最新の媚薬はこんなに進化した

MENU
最新の媚薬はこんなに進化した

媚薬の歴史は古く、約1700年前に書かれた最古の性典「カーマストーラ」にも媚薬に関する記述があるほどです。しかし、その効果は確かなものではなく、媚薬としての信ぴょう性が低いものが多くありました。しかし、技術の発展した現代では、媚薬の効果はより高いものとなり、性に関する悩みをしっかりと解決してくれるようになりました。今回は、現代に使われている最新の媚薬についてご紹介します。

最新の媚薬はこんなに進化した

〇催淫剤

性欲を高めてくれる効果があります。男性器の勃起を促進する効果かがあり、EDの改善に効果的です。

最新の媚薬はこんなに進化した

〇勃起機能改善薬

現代では、バイアグラなどが有名です。男性器の血流を促進し、勃起機能の改善を促してくれます。アフリカの先住民が昔から利用してきた「ヨヒンビン」などもこれに当たります。

最新の媚薬はこんなに進化した

〇ホルモン剤

最新の媚薬にはホルモンバランスを調節してしまうものもあります。アンドロゲンやエストロゲンなどの性ホルモンを増産する働きがあり、使うと性欲が高まるのです。

最新の媚薬はこんなに進化した

〇性刺激性物質

経口摂取、または注射による摂取で、尿路から性器を刺激する媚薬です。大量に摂取すると危険なものもあり、注意が必要です。

最新の媚薬はこんなに進化した

〇伝承薬

現代では、進化した媚薬が多量にあるため、あまり使用されることはありませんが、言い伝えなどによって効果があるとされる媚薬です。漢方などもこれに当たります。

最新の媚薬はこんなに進化した

〇かつての媚薬と比べて

最新の媚薬と比べると、かつては伝承薬がほとんどでした。例えば、カーマスートラに記述のあるはちみつ。はちみつの中に朝鮮アサガオと黒こしょうを混ぜ、行為の前に男性器に塗るというものです。これは、言い伝えによって効果があるとされてきたもので、実際のところはわかりません。それに比べ、現代では科学的根拠に基づいて媚薬が作られているため、昔に比べて効果の高いものが多くあります。
また、安全性も向上したといえます。たとえば、江戸時代に使われてた「長命丸」という媚薬。これは、アヘン、ヒキガエルの皮脂腺の分泌液、水銀などを使用した大変危険なものでした。アヘンはもちろん麻薬ですし、水銀やヒキガエルの分泌液は、人間を死に至らしめるほどの猛毒です。それに比べ、現代の麻薬は人間が死んでしまうような物質を使ったものはなく、昔に比べると安全性が高まったといえますね。もちろん、最新の媚薬でも、大量にとってしまうと危険なものはたくさんあります。媚薬を使う際は、用法、用量を守って、正しく使いましょう!"

最新人気媚薬はアメ型???

色々な効果をもった媚薬が生まれていますが、現在2chをはじめ最も人気な媚薬はなんといってもNYC-Pinkではないでしょうか。別名ニューヨークキャンディピンクです。元々男性用の精力剤として生まれたNYCですが、派生品として生まれた女性用媚薬NYC-Pink。なんとこれはアメ玉でできています。味はというと土のついたゴボウ味。コーヒー味と謳っていますが、そんなことありません。美味しくありません。

ですが、効果はというとモノの30分で好きな子を好き放題!!できたらいいですね。でも、そんな声がちらほら上がっているのは本当のようでございます。ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

Top